2013年10月21日

古い着物たち

今日は、午前中に一人お客様がいらっしゃって、着付けをした後、午後から時間がぽっかり空いて、雨の中どこにも行く気がせず、先から気になっていた古い着物の整理をすることにしました。どれも50〜60年位前のものばかりで、生が抜けてたり、汚れが酷かったりしてとてもこのままでは着られないものばかりですが、着物の持ち主のセンスがうかがわれるデザイン性の良いものが多く、捨てるには惜しいものがあります。
yanagikouri.JPG
昔懐かしい柳行李に入ってます。
iki.JPG
紗紬のような透け感のあるとても粋な着物
mizutama.JPG
ちっとも古さを感じない大きなドット柄でとてもおしゃれな浴衣
meisen_.JPG
多分銘仙だと思う。とても大胆で素敵な柄!

古いものでも、良いものはいくらシミや皺があっても、存在感があり、何か訴える力がありますね。

あれっ?これって人間にも言える!
posted by tsukimisou at 00:43| Comment(0) | 銘仙