2019年02月21日

美しく着る

どれくらいで着物が着れるようになりますか?とよく聞かれます。
まったく初めての方が着方を覚えて着れるようになるには、人にもよりますが、5,6回で着られるようになります。
でも、楽に美しく自分に合った着方ができるようになるには、時間と慣れが必要です。
月見草の着付け教室では、着方はもちろんですが、その人に合った着方、衿合わせや帯の高さなどアドバイスさせていただいております。

最近は私がお着付けをさせていただいて、自分に合った衣紋の抜き具合や衿合わせ、帯の高さなどを客観的に見ていただいて、ご自分の着こなしの参考にしていただいております。

IMG_8062.JPG
IMG_8063.JPG
ご自分で着ていただきました。ちゃんと着られています。
でも、とてもお着物が似合う方なので、もっと素敵に着られます。

IMG_8066.JPG
お着付けさせていただきました。
衿合わせをゆったりと、帯も低めにしました。

IMG_8065.JPG
裾つぼまりにしてすっきり!
衣紋もゆったりと抜きました。
着心地もとても良いと喜んでいただきました。

年齢や体型、顔の形などにより、衿合わせや帯の高さ、お太鼓の大きさなど人により違います。その人に合った着物の着こなし方をアドバイスさせていただいています。美しく楽に着物を着て、より着物を楽しんでいただきたいと思います。

続きを読む
posted by tsukimisou at 14:27| Comment(0) | 日記

2017年05月31日

職人技!

今日は、月1の通院日。
毎回採血するが、看護士さんによって、痛い時と痛くない時がある。
一人、針を刺すのがとても上手な方がいて、どうかその人に当たりますようにといつも願っている。
残念ながら、今回は違う人に当たりました。

「ちょっとチクッとしますよ」と言われ、ホントだ!と思う。
あの超上手い針刺し職人の方なら、あら!いつ刺したの?と思う程、チクッとしない。
素晴らしい技術です。
私が通っている歯医者の先生も、麻酔の打ち方が神ワザです。一瞬で刺すのですが、全く痛みがなく針を刺します。
こういう技術って、正に職人ワザ!経験と感覚!?

着付けも同じで、同じ技術を持っていても、着付ける人によって感じ方が違う。
あ〜!きれいで気持ちがいい!と言って頂ける着付け師になりたいと思う今日この頃です。

IMG_2162[1].JPG

IMG_2161[1].JPG

病院近くの外堀端のあじさいが咲き始めてました。満開になると見ごたえあるだろうな!


posted by tsukimisou at 18:07| Comment(0) | 日記

2017年05月08日

看板作り Part2

月見草の「和のおけいこ」の看板を作りました。
IMG_1693.JPG

作り方は、以前作った月見草の看板と同じ要領で。

丁度よい大きさの自然木が見つかりました。
IMG_1658.JPG
まずはサンドペーパーをかけます。

IMG_1659.JPG
文字を印刷してレイアウト

IMG_1660.JPG
マスキングテープを貼って、スプレーのりをかけます。

IMG_1663.JPG
色をつけたい部分をカッターで切り抜く

IMG_1664.JPG
赤いスプレーをかける

IMG_1665.JPG
マスキングテープをはがす

IMG_1676.JPG
和の文字を白く塗ります

IMG_1678.JPG
同じようにマスキングテープと文字を貼って、スプレーのりをかける

IMG_1686.JPG
細かい上、カーブが多いので、結構大変!

IMG_1689.JPG
黒いスプレーをかける

IMG_1690.JPG
スプレーを多くかけ過ぎたのか、にじんでしまったので、削ったりして微調整。
でも、白木の為ペンキが奥まで入り込んで、削っても消えない。
これも手作りの良さとあきらめる。


今回は着付けの看板も一緒に作りました。
IMG_1656.JPG
初代月見草の看板を利用しました。

IMG_1657.JPG
黒のスプレーをかける

IMG_1666.JPG
こちらは、印刷した紙の裏を白く塗り、それをカーボン紙にして紙の上からなぞり、写します。
その上を白のペンキで筆で塗りつぶしました。

IMG_1692.JPG
両方共、ニスをかけて出来上がり!






posted by tsukimisou at 00:27| Comment(0) | 日記