2015年10月11日

和裁教室2回目

先日の和裁教室2回目。
まずは検反
反物を端から汚れがないか、2尺ずつ広げてチェックします。そしてまた巻き戻します。
巻き戻した時は、ぐずぐずです。きちんと締まるように巻き戻すには途中で芯の両端を持ってキュッキュッとひねるといいみたいです。
IMG_4656.JPG
前では、1回目の人が運針をしています。

次に見積もり
身長に合わせて、どれだけ必要か見積もりをします。
私は、計算の結果、4尺6寸となりました。
そして検尺
袖の長さを測りまち針を打って折り返しながら4枚屏風状にたたんでいきます。同じように身頃分も測り、4枚屏風にたたみます。
左右の衽、衿も折り返して、残りは余りです。


IMG_4660.JPG
この検尺するとき、長テーブルの上でやってたのですが、すべります。
先生が文鎮を貸してくれましたが、やはり合板の机はツルツルとすべり非常にやりにくいです。

IMG_4704.JPG
そこで登場したのが、これ!押入れにずっと眠っていて、捨てずにとっておいてよかった!やっと陽の目をみました。

IMG_4707.JPG
裏側にはいろいろな裁断の仕方が図解してあったり、換算表もついている。

IMG_4662.JPG
長テーブルの上に置けば、ぴったり!これですべらずに測ることができます。

後は、屏風にたたんだ折り目に沿ってはさみを入れます。


posted by tsukimisou at 18:00| Comment(0) | 日記