2015年05月20日

お母様の着物

着付け教室に来ていらっしゃる生徒さんが、お母様の着物を直され持ってみえました。これを着て施設にいらっしゃるお母様に見せるそうです。何よりのお見舞いであり、親孝行だと思います。着物に合わせて帯揚げ、帯締め、半衿をお奨めしました。小物を変えることで随分雰囲気も変わります。着物は高価なもので、なかなか手が出ないと思われがちですが、こうやってタンスの中に眠っている着物をリメイクしたり、小物類もリサイクルやリメイク品だととてもお値打ちに良い物が揃います。教室で着付けを教えるだけでなく、こうして着物を蘇らせて、着物の楽しさに目覚めていただけるのがとてもうれしいです。
IMG_3264.JPG
IMG_3268.JPG
posted by tsukimisou at 13:19| Comment(0) | 着物塾

2015年05月11日

長襦袢を洗う

長襦袢を洗いました。クリーニングでは汗ジミは取れないと聞いていたので、ついつい出し渋っているうちに、汚れが染みついてしまい恥ずかしいほど汚れてしまいました。
IMG_3005.JPG
きゃっ!こんなになるまで着ちゃって!恥ずかしい (*ノωノ)
IMG_3006.JPG
袖口も!ばっちぃ!
まずは、この汚れている部分に洗剤をつけてブラシでたたきながら汚れを落とします。

IMG_3007.JPG
いつも浴衣や麻の着物を洗うときに使ってる年代ものブリキのたらい!大きさが丁度よい!
洗剤を溶かして、つけおき洗い。

IMG_3008.JPG
脱水はしないでお風呂のへりにかけて水気をとります。

IMG_3009.JPG
ある程度水気が切れたら、ハンガーにかけて干します。

IMG_3026.JPG
乾いたらアイロンをかけます。
大分きれいになりました!

IMG_3027.JPG
袖口は汚れが落ちとてもきれいになりました!

IMG_3028.JPG
低温で当て布をしながらアイロンがけ!やはりアイロンがけは難しい!
プロと違ってプレス機がないので、ピシッとしわを伸ばすことはできません!特に袖口のきせがかかってるところは神経使います。
でも、まっ!汗ジミも落ちてこのさっぱりした気持ち良さには返られません。


posted by tsukimisou at 01:09| Comment(0) | 長襦袢