2019年02月21日

美しく着る

どれくらいで着物が着れるようになりますか?とよく聞かれます。
まったく初めての方が着方を覚えて着れるようになるには、人にもよりますが、5,6回で着られるようになります。
でも、楽に美しく自分に合った着方ができるようになるには、時間と慣れが必要です。
月見草の着付け教室では、着方はもちろんですが、その人に合った着方、衿合わせや帯の高さなどアドバイスさせていただいております。

最近は私がお着付けをさせていただいて、自分に合った衣紋の抜き具合や衿合わせ、帯の高さなどを客観的に見ていただいて、ご自分の着こなしの参考にしていただいております。

IMG_8062.JPG
IMG_8063.JPG
ご自分で着ていただきました。ちゃんと着られています。
でも、とてもお着物が似合う方なので、もっと素敵に着られます。

IMG_8066.JPG
お着付けさせていただきました。
衿合わせをゆったりと、帯も低めにしました。

IMG_8065.JPG
裾つぼまりにしてすっきり!
衣紋もゆったりと抜きました。
着心地もとても良いと喜んでいただきました。

年齢や体型、顔の形などにより、衿合わせや帯の高さ、お太鼓の大きさなど人により違います。その人に合った着物の着こなし方をアドバイスさせていただいています。美しく楽に着物を着て、より着物を楽しんでいただきたいと思います。

続きを読む
posted by tsukimisou at 14:27| Comment(0) | 日記

2019年01月16日

成人式

無事成人式終わりました。
着付け師としては、ほっと一段落した感じです。一生に一度の記念すべき日が楽しい一日になるよう、着崩れなく苦しくない着付けを心がけています。

IMG_7789.JPG


IMG_7788.JPG

IMG_7793.JPG

最近はお母様の振袖を着られる方や、お母様が娘さんを着せることも多くなってきました。
着物を通して、母と子の絆も生まれ、成人式の良い思い出になると思います。

IMG_7764.JPG
お孫さんに着せる練習中

月見草の着付け教室には、娘さん、お孫さん、妹さんなどに振袖を着付ける方もいらっしゃってます。
皆さんから、その成果のお写真が送られてきました。上手に着せてあって嬉しい限りです。

IMG_7802.JPG
お母様が着せました。

IMG_7801.JPG
お姉様が妹さんを着せました。
posted by tsukimisou at 21:04| Comment(0) | 振袖

2018年02月04日

もっさり?

自分で着物は着られるけど、ご本人曰く、もっさり?していると・・・
どんな感じなのかと、写真を撮らせていただいた。

IMG_5179.JPG
裾がスカートのように広がっている。
おはしよりがもたもたしている。
衿元がぐさぐさ・・・

IMG_5172.JPG
衣紋が抜けていない。

などなど、ご本人も気になっていたところで、ひとつずつ直させて頂きました。
まず、裾が広がってしまうのは、若い頃のお着物ということで、身幅が足りないこともありますが、褄があがってなく、裾つぼまりになっていないことが原因です。脇があがらないように、褄をあげて裾あわせをして頂きました。
次に衣紋が抜けないということですが、衣紋の抜き具合はその人の体型や雰囲気で決まります。この方の場合は、少し広めに丸く抜いた方がお似合いだと思います。衣紋を抜くときに、真ん中だけでなく、衿肩あきの下を引くとしっかり抜けます。
衿元も衣紋があがってきてしまい、着ている内にぐさぐさになってしまうそうです。
姿勢もありますが、慣れるまでは途中で後から長襦袢を引いたり、衿先を引いたりして、直しながら着るといいと思います。
おはしよりは、一重上げをしていらっしゃいましたが、下がってしまったようです。

IMG_5184.JPG
いろいろご指導させていただいて、着た姿です。
随分よくなりました。
衿合わせもゆったりと!
IMG_5174.JPG
衣紋も抜けました。

IMG_5181.JPG
IMG_5176.JPG
ちなみに上2枚は、私が着付けさせていただきました。

その後何度も練習をされて、お一人でとても素敵な着こなしができるようになり、とても喜んでいただけました。
IMG_5182.JPG

月見草の着付け教室では、このような着こなしのご相談も承りますのでお気軽にお越しくださいませ。
posted by tsukimisou at 19:26| Comment(0) | 着付け教室