2018年02月04日

もっさり?

自分で着物は着られるけど、ご本人曰く、もっさり?していると・・・
どんな感じなのかと、写真を撮らせていただいた。

IMG_5179.JPG
裾がスカートのように広がっている。
おはしよりがもたもたしている。
衿元がぐさぐさ・・・

IMG_5172.JPG
衣紋が抜けていない。

などなど、ご本人も気になっていたところで、ひとつずつ直させて頂きました。
まず、裾が広がってしまうのは、若い頃のお着物ということで、身幅が足りないこともありますが、褄があがってなく、裾つぼまりになっていないことが原因です。脇があがらないように、褄をあげて裾あわせをして頂きました。
次に衣紋が抜けないということですが、衣紋の抜き具合はその人の体型や雰囲気で決まります。この方の場合は、少し広めに丸く抜いた方がお似合いだと思います。衣紋を抜くときに、真ん中だけでなく、衿肩あきの下を引くとしっかり抜けます。
衿元も衣紋があがってきてしまい、着ている内にぐさぐさになってしまうそうです。
姿勢もありますが、慣れるまでは途中で後から長襦袢を引いたり、衿先を引いたりして、直しながら着るといいと思います。
おはしよりは、一重上げをしていらっしゃいましたが、下がってしまったようです。

IMG_5184.JPG
いろいろご指導させていただいて、着た姿です。
随分よくなりました。
衿合わせもゆったりと!
IMG_5174.JPG
衣紋も抜けました。

IMG_5181.JPG
IMG_5176.JPG
ちなみに上2枚は、私が着付けさせていただきました。

その後何度も練習をされて、お一人でとても素敵な着こなしができるようになり、とても喜んでいただけました。
IMG_5182.JPG

月見草の着付け教室では、このような着こなしのご相談も承りますのでお気軽にお越しくださいませ。
posted by tsukimisou at 19:26| Comment(0) | 着付け教室

2017年10月27日

補正作り

今日の着付け教室。
自分の体型に合った補正作りをしました。
胸はガーゼで必要な所に綿花を入れて作りました。腰とお尻の補正は、持ってらっしゃった腹帯がなかなかの優れもので、タオルを挟んで半分に折って作りました。マジックテープまで付いているので紐要らず!
IMG_4402 (2).jpg

IMG_4403 (2).jpg

IMG_4396 (2).jpg

IMG_4395 (2).jpg
お尻の形にタオルを切って、ふくらみをつけて腹帯に付けました。

補正はその人の体型によりますが、あった方がより美しく、着崩れなく着物を着ることができます。

IMG_4391 (2).jpg
補正なし。画像ではあまりわかりませんが、鎖骨の辺りが凹んで、肩のラインが見えます。

IMG_4398 (2).jpg
補正あり。胸元が張って、肩のラインも見えなくなりました。

IMG_4393 (2).jpg
補正なし。お尻の上が窪んでいるので、お太鼓のタレが凹んでしまいます。

IMG_4401 (2).jpg
補正あり。お太鼓のタレも窪みません。お尻の辺りもすっきりとシワができません。

今日のお稽古は補正作りと、私の着方の動画撮影と、一度も着物を着る練習をしないまま終わってしまいましたが、とても綺麗な着姿になり、これからの練習の励みになりますね!
posted by tsukimisou at 15:11| Comment(0) | 着付け教室

2017年05月31日

職人技!

今日は、月1の通院日。
毎回採血するが、看護士さんによって、痛い時と痛くない時がある。
一人、針を刺すのがとても上手な方がいて、どうかその人に当たりますようにといつも願っている。
残念ながら、今回は違う人に当たりました。

「ちょっとチクッとしますよ」と言われ、ホントだ!と思う。
あの超上手い針刺し職人の方なら、あら!いつ刺したの?と思う程、チクッとしない。
素晴らしい技術です。
私が通っている歯医者の先生も、麻酔の打ち方が神ワザです。一瞬で刺すのですが、全く痛みがなく針を刺します。
こういう技術って、正に職人ワザ!経験と感覚!?

着付けも同じで、同じ技術を持っていても、着付ける人によって感じ方が違う。
あ〜!きれいで気持ちがいい!と言って頂ける着付け師になりたいと思う今日この頃です。

IMG_2162[1].JPG

IMG_2161[1].JPG

病院近くの外堀端のあじさいが咲き始めてました。満開になると見ごたえあるだろうな!


posted by tsukimisou at 18:07| Comment(0) | 日記